かきたがわ整体院 代表挨拶

三島市かきたがわ整体院 院長 齋藤司朗

はじめまして。
かきたがわ整体院の齋藤司朗と申します。
私は幼稚園から中学までサッカー、高校でラグビーを、高校卒業後はサーフィンにのめり込みました。
現在はトレーニングも趣味の一つになっている、まだ子どもが欲しい2児のパパです。

【施術への想い】

なぜ身体に関わる仕事についたかというと、自分自身の約20年間悩みに悩んだギックリ腰と慢性腰痛の改善や、祖母の最後の姿を見たときに、健康の重要性に気がつき、2度と家族がボロボロになるのは見たくないと思ったからです。

私の半生、振り返ると気付いたときには慢性腰痛持ちで、ぎっくり腰も何回も経験していました。
頚椎ヘルニアと腰椎椎間板ヘルニアと診断され、湿布と痛み止めの薬をもらっていましたが、腰痛を感じない日は1日もありませんでした。
どうにか治そうと思い、ありとあらゆる施術を受けましたが、一向に回復しないどころか、ますます酷くなっていったのです。

また、中学生の時に祖母を亡くしたのですが、祖母は長い間ガンと戦い、地獄の苦しみに耐え続け、人生の最後に身も心もボロボロになって、最終的にはモルヒネの幻覚で自分が誰だかわからずに亡くなって行きました。
祖母が火葬場で焼かれて出て来た時には、骨が全くなく灰しかありませんでした。

ありとあらゆる勉強をしましたが、病気自体を予防できる施術にはたどり着けないでいたところ、宮沢先生(以下師匠)にお会いすることが出来たのです。
師匠の施術のおかげで、私の約20年間悩みに悩み苦しんだ、どこに行っても良くならなかった腰痛は、嘘のように改善していったのです。
師匠は施術技術のみに特化し、圧倒的な成果で、初めて目にしたときから、一生この師匠について行こう!と決意しました。
師匠に師事していれば、一人でも多く病魔から救える!そう思ったからです。
私の祖母のような辛い思いをする人を一人でも減らしたい。
師匠のように、背骨を退化させず、自律神経を整えていく施術が出来れば、大きな病気をしにくい身体をつくり、老衰で天国に行くことが出来るのです。

私の大きな目標は、静岡県から多くのアスリートを輩出して、トップの成績でより長い選手生命を過ごしてもらうことです。
より良い施術でメンテナンスを行うことにより、記録の壁を突破し、さらに、選手生命を伸ばしたいと考えています。その為には、子どものうちからのメンテナンスがとても重要であるので、子どもの整体にも力を入れています。

もう一つの目標は、元気なママに元気な赤ちゃんを産んで頂いて、更に元気な静岡県になるように盛り上げていきたいと考えています。
妊娠のしやすい身体作りから、優しい産後の骨盤矯正まで、心身共にフルサポートしていきます。

もちろんアスリートでなくても、ママでなくても、日常生活を快適に過ごし、痛みや症状の出にくい身体づくりを行う事が大前提にあります。
自然治癒力が高まれば、痛みや症状は自分自身の身体で回復していくことが出来るので、私たちが本来持っている身体のシステムを整えていきます。
皆様に正しい情報を提供し、病気を未然に防ぐ、未病の状態から健康予防を行い、笑顔あふれる三島市の町づくりに貢献できるように最善を尽くします。

トーマス・エジソンが『未来の医者は薬を用いず、人間の骨格、食事、そして病気の原因、予防に注意を払うようになるだろう。』と、はるか昔に予言していたように、健康予防、免疫力をあげて未然に病気を防ぐ、病気の予防を行うことが、M式テクニック・バックエイジングセラピーの神髄であり目的です。
皆様にも、頑張って頂くこともありますが、私も全力でサポートしますので、どうぞ安心してご来院下さい。