変形性膝関節症・変形性股関節症

変形性膝関節症・変形性股関節症で痛む女性

  • 何回も注射をしたけど良くならない
  • 痛み止めや湿布では疑問が残る
  • 年々痛みが強くなっている
  • 検査では異常なしと言われている
  • 病院では一生このままと言われている

整形外科や整体などに何件も行ったが良くならない

変形性膝関節症や変形性股関節症でお困りの男性

変形性膝関節症・変形性股関節症でお困りの方に、目標をお伺いすると、おっしゃることがありますが、切実なお悩みの数々です。

『何とかして、この痛みから逃れたい。』

『手術は出来ればしたくない。』

『誰の世話や迷惑にもなりたくない。』

『自分の足で最後まで歩いていたい。』

このような声が多数あり、様々な医療機関や整体や鍼灸、整骨院など行き尽くした方ほど、悩みは深く根強いものになっています。

 

説明してくれないことに疑問を感じる

『知人が手術をしたが、予後が悪いので手術は避けたい。』

『納得のいく説明もなく、施術方針に疑問を感じる。』

『なぜ痛いのか原因を教えてくれない。』

このような声が多数上がってきます。

痛みや症状はあくまでも【結果】であり【原因】ではありません。

医療機関でレントゲンやCTなどで異常がない、と言われた方でしたらなおさら、三島市かきたがわ整体院の施術をオススメします。

本当にお困りでしたら、最後までお読み下さい。

 

今まで対症療法ばかりをしていませんか

変形性膝関節症・変形性股関節症の検査

膝や股関節に変形がみられたとして、変形した骨に対して、痛み止めや湿布をしたり、サプリを飲んだり、ストレッチをしたり、このようなことを繰り返していませんか?

病院を選ぶ基準は、薬が良く効いたり、注射が上手いからという理由で選んでいませんか?

骨の変形は虫歯のようなものですから、虫歯に痛み止めや湿布、注射をしても良くならないのはイメージできますよね。

変形してしまった骨は、残念ですが一般的な対症療法では元に戻ることはありません。

対症療法のトップは手術でありますが、それでも予後不良の方も少なくありません。

 

正しい情報を知りましょう

あなたが困って頼った先生に、『加齢だから仕方がないね。』『運動してこなかったからだね。』『一生このままだから手術しかないね。』と言われたことはありませんか?

もちろん、全てが関係ないかと言えば、関係あるものもありますが、間違った情報もあるかもしれません。

間違ったダイエット、間違った運動をしていたら、健康になるどころか、身体を痛め悪化させてしまう場合あります。

 

大事なことは原因を施術する先生

あなたがお困りの、変形性膝関節症・変形性股関節症の原因は何なのか。

シンプルにお伝えすると、身体のバランス、姿勢の崩れから来ています。

右の股関節、右の膝関節が痛い方は、右側に重心がかかっており、左側が痛い方は、左側に重心がかかっています。

『そんなことわかってる。』と思うかもしれませんが、身体のバランス、姿勢の崩れを正せる先生は私以外いません。

今までどうり、痛みをとり続ける対症療法をしていると、痛くない側もかばって痛くなってくる可能性があります。

本当に大切なことは痛いところを施術する先生ではなく、痛みが出る原因を施術する先生ではないでしょうか。

 

変形性膝関節症・変形性股関節症の3つの対応

①徹底的なカウンセリングを行ないます

変形性膝関節症・変形性股関節症1

今までは痛みという【結果】に対してアプローチを、何年もしていたと思います。

痛いという結果ではなく【原因】に対してアプローチを行ない、痛みや症状の出にくい身体を作らなければなりません。

膝や股関節の局所的に施術を行なうのではなく、身体全身の骨格や姿勢の問題を最優先で解決をしていきます。

 

②高齢者・骨粗鬆症でも安心

変形性膝関節症・変形性股関節症2

優しい施術内容なので、どこよりも安心安全な施術となります。

身体を捻りバキバキ骨を鳴らしたり、ビリビリ電気を流したりする施術ではありません。

最先端のカイロプラクティック専用のコンピューターと、専用電動ベットを使用し、お身体を施術させて頂いています。

 

③医療機関と連携させて頂いております

変形性膝関節症・変形性股関節症3

虫歯になり、歯を削る前に歯医者では必ずレントゲン検査を行なっています。

医療機関と連携させて頂いているのは、詳しく検査分析して頂いて、原因を見つけだして、安心安全に施術を行なうためです。

触っただけでどこが悪いとか、見ただけで病名がつかないのと同じで、医学的・科学的に根拠に基づいた施術を行なわせて頂いています。

ご希望であれば、症状に合わせた提携先のクリニックをご紹介させ頂いています。

 

膝関節・股関節に原因はない

変形性股関節症・変形性股関節症を起こしやすい方

先天性の病気でない限り、あなたがお困りの変形性膝関節症・変形性股関節症は良くなる可能性があります。

当然ですが、かなり変形が進んでしまった状態では、年単位の長期戦になる可能性もありますが、絶対に諦めてはなりません。

変形性膝関節症・変形性股関節症は、身体のバランス、姿勢の崩れにより、その関節に負担がかかり徐々に軟骨がすり減り続け、骨膜の神経を刺激して痛みが出ます。

つまり、変形性膝関節症・変形性股関節症は『結果』であり『原因』ではありません。

 

『結果』ではなく『原因』を施術しましょう

今まで膝や股関節ばかりに、何年も色々試したが良くならない方、本当にお困りの方は是非ともご相談下さい。

身体の構造が崩れてくると、人によっては腰や頭が痛くなったり、冷え性になったりしますが、膝や股関節に痛みが出る方もいます。

膝や股関節の痛みをとり続けても良くならないのは、身体の構造が崩れたままだからなのです。

建物のドアや窓が開かなくなるのは、ドアや窓そのものが悪いのではなく、柱や地盤が悪いから、ドアや窓に油をさしても良くならないのです。

 

一緒に頑張りましょう

とても大事なことを一つお伝えします。

【チームとして一緒に良くなる】この心構えでお越し下さい。

施術家に丸投げで良くしてよ、ではなく体重が標準より重い方には、もちろん減らす努力が必要ということです。

当然、痛みがある場合は運動は出来ませんので、今出来る努力を一緒にしていきましょうとお伝えしておきます。